menu

 

傾向として男性幹事はモテる、女性幹事はモテないと言う結果が

合コンで幹事をするとモテないと言う話があり、少し都市伝説的ですが、実は隠された理由がありますのであらかじめ知っておいて幹事を引き受けるのかを考えましょう。
男性が合コンの幹事をする場合、やはりリーダーシップを発揮して「出来る男」のイメージが強くなります。
参加者に連絡したり、店選び、お店との連絡やメンバー構成を考えながら盛り上げる計画を立てますね。
ビジネスシーンでも、この様なスキルは必要となりますので、うまく合コンを終了させられる男性は仕事も出来るイメージに繋がります。
ところが女性が合コンの幹事をした場合はどうでしょう。
未だに女性はおしとやかで控えめなことを求められますので、幹事をして何でも仕切ることが出来ると、「出しゃばりな女性」だというイメージになってしまうのです。
女性が幹事の合コンではきめ細やかな配慮や、女性側の料理リクエストも叶うメリットもあるのですが、幹事をした人には良い印象が残らない結果が多いですね。
確かに幹事は合コンメンバー全員の連絡を知る事が出来る立場で、一見有利に見えますが、女性幹事を頼まれてもあまり得がないと思った方が良いですよ。
幹事経験者に聞いても、男性へのプラスイメージと女性へのマイナスイメージの落差が大きいことが分かります。
合コンを成功させるのに女の子にも手伝って欲しいと言われたら、隠れた異性側幹事として表立った事をしないのがオススメです。
実際に合コンの幹事を経験してみると分かるでしょうが、お店選び、メンバーの好き嫌い、人数に併せた個室のある店を探す、どんな方法で盛り上げるのか、など考える事がたくさんあります。
男性でも女性でもこれだけのことをするのは大変なのですが、評価が分かれるのがツラいところでしょう。
また、お店の方に顔を覚えられると、合コン以外で言ったときでも「先日はどうも」などと声をかけられることがあり、「自分の知っている店では出来ない」という話も聞きます。
せっかく出会いを探していくのですから、合コン参加メンバーに良いイメージは持って欲しいですね。
合コン幹事初心者の方は、引き受けた方が得だと思うでしょうが、女性でしたら丁寧にお断りをしてお手伝いをするだけに留めた方が賢いでしょう。
中には合コン幹事をサポートしたら男性から感謝されてお付き合いを申し込まれたと言う女性もいます。
合コン幹事はモテないと言うのは以上の様な理由から出てきた話なのです。