menu

 

合コンは遊び感覚の人ばかりではありません

合コンは参加している人の本気度が分かりにくいので、男性も女性も遊び半分なのではと思われてしまいます。
確かに遊びや友達の付き合いで参加している人もいますが、中には本気で恋愛の相手も見つけに来ている人もいますね。

本気合コンと称して開催されることもあるので恋人を見つけるチャンスに出来ますよ。
友人同士の繋がりで開催する合コンでは、やはり本気の人を見つけるのは大変だと言う事もありますが、参加規約を設けて開催される合コンなら本気モードで参加しても良いでしょう。
男女ともに参加人数が同じになのが理想的です。
参加人数によって合コンの雰囲気が変わりますので、男女5人ずつくらいが話をしやすい合コンの目安になります。
本気の人と遊びの人を見分ける目が養えると、素敵なパートナーを探すことは出来ますね。
ただ、携帯電話の番号を聞かれたら興味があると言うことではなく、社交辞令として聞いてくる人もいますので区別は難しくなります。
携帯電話で見抜く方法があるとしたら、会話にはあまり参加せず携帯をいじっている人がいれば、意中の相手がいないという合図だと分かります。
視線を合わせないとか、会話の中で質問してこない人がいれば、その人は自分に興味がないのだと判断して構いませんね。
気になる人のことは知りたくなるのが心理なので、質問しないということなら興味がないのでしょう。
こちらから質問して本気かどうかチェックするには、前の彼氏・彼女と別れてからの期間を確かめてみましょう。
何年も前という人なら1人で遊ぶことにも慣れていますので、恋人を作ることに、それほど前向きではないと見ることが出来ます。
また、神待ち掲示板プチ家出サイトにいるような子も恋人を作ることに前向きな子は少ないですね。
別れて数ヶ月なら、寂しいから相手が欲しいと考える傾向が出るので、2つに分類するには良い質問になります。
この様なバレバレの対応をする人は見分けやすいですし、ある程度のパターンを把握するためにも何度か合コンに参加して場慣れすることも大事ですね。
真剣に相手を探そうとする気持ちは分かりますが、合コンの席で結婚の意思があるかどうかを聞く人もいます。
本気合コンでも話が飛躍していますので、お付き合いの可能性まで狭めてしまいます。


男でも女でも連絡先の交換が趣味の様な人もいますので、後になって電話も来ないなら可能性はないと考えられます。
初めは本気と社交辞令の区別は難しいでしょうが、本気度の高さは合コンに行き慣れると見分けるコツが掴めます。